Oil Filter


ABOUT PRODUCT

オイルフィルターは、潤滑剤として機能するほか、摩擦や燃焼によって引き起こされる金属粒子/炭素による汚染を防ぎ、エンジン内部を洗浄し、スムーズな動きを維持する機能を担うエンジンオイルをろ過します。

低品質のオイルフィルターを使用すると、金属粒子や炭素の混入により、エンジンオイルは次第に汚れていきます。

この状態は、エンジンの寿命を短くする上、他のパーツの故障の原因にもなります。

 

特徴的なセールスポイント

1.ろ過性能が高い

2.逆流防止に優れている

3.耐久性と耐圧性が高い

 

パッケージデザイン

 

注意事項

車の取扱説明書と本製品の箱の裏面に記載した取り付けガイドをよくお読みください。

 

オイルフィルターのタイプ


REPLACEMENT

フィルター機構

 

交換時期

 

詳細については、車の取扱説明書およびメンテナンス記録を参照してください。
  最適な交換間隔は、車種によって異なる場合があります。

 

浄水器のフィルターと同様、オイルフィルターのエレメント(フィルター部材)は時間が経過するにつれて汚れるため、適切な間隔でエレメントを交換しないと目詰まりが発生します。

 

目詰まりが発生したエレメントを使用し続けると、リリーフバルブが作動します。

 

汚れたエンジンオイルは、金属粒子と炭素を含んだ状態でエンジン全体を循環します。

 

これにより、エンジンオイル自体の劣化が進行するだけでなく、金属粒子によりエンジン部品にも損傷を与え、エンジンの故障につながります。

 

さらに、エンジンオイルをろ過せずに循環させると、エンジン内で汚れが蓄積することにより不完全燃焼が発生し、エンジン性能と燃費が低下します。

 

したがって、オイルフィルターは適切な間隔で交換する必要があります*。
 

*最適な交換間隔は、車種によって異なる場合があります。

詳細については、車の取扱説明書およびメンテナンス記録を参照してください。


COMPARISON

他社製品との比較

試験方法: JIS D 3904、D 1611

 

1.

製品仕様
試験項目 備考 備考
直径×高さ(mm) 同様のサイズ 制限要因: サイズが同等の製品を比較用に使用。
ろ過面積(cm2) 同様の構造。ただしフィルター繊維が異なる。 制限要因: ろ過面積が同等の製品を比較用に使用。

 

2. 初期特性
試験項目 結果 備考

圧力低下(kPa)

試験オイル: SAE#30
試験オイルの温度: 80oC
試験流速: 20l/min
  • オイルフロー特性の指標です。
  • CGは、圧力低下が小さく、エンジン潤滑システムの油圧レベルが他社製品Aに比べて高い値を維持しており、エンジンの潤滑効率に優れています。

ろ過効率

試験オイル: SAE#30
試験オイルの温度: 80oC
流速: 10l/min
試験粉塵: SOFT-C2A
末端での圧力低下: 80kPa

  • 高いろ過効率を誇るCGのフィルターは、取り付け直後からエンジンオイル中の汚染物質をろ過し、エンジンの摩耗を防ぎます。
    他社製品Aは、取り付け直後にエンジンオイルをろ過していません。
逆流防止特性
  • エンジン停止中にオイルフィルター入口から逆流するオイルの量を示します。
  • CGは逆流防止に優れており、エンジン潤滑システムの油圧がエンジン再始動後すぐに標準レベルに達し、エンジンを保護します。

 

3. 強度と耐久性
試験項目 結果 備考

圧力インパルス疲労

試験オイル: SAE#30
試験圧力: 200~890kPa
締め付けトルク: 15N?m

  • オイルフィルターからオイルが漏れる圧力を示す指標です。始動直後の低温のエンジンをシミュレートするため、加圧試験を繰り返し行っています。火災を防ぐのに重要な要素です。
  • CGは耐久性が高く、長期間の使用にも耐えることができます。

エレメント強度

試験オイル: SAE#30
オイル温度: 室温

  • エレメントとは、オイルフィルターの"フィルター部材"を指します。試験では、目詰まりが発生した状態で圧力を加えたときにエレメントが耐えられる力の強さを測定します。
  • 図から分かるように、CGは他社製品Aより強度があり、簡単には破れません。そのため、エンジンが適切に保護されます。