Car Air-Con
Condenser


ABOUT

本製品について

コンデンサーは熱交換器で、コンプレッサーから供給された高温高圧の気体冷媒の熱を除去し、凝縮して液体にします。冷媒が液化すると、レシーバードライヤーに流れます。


TYPES OFFERED

提供されるタイプ

(1) プレートフィンタイプ

プレートタイプはサイズが大きく、チューブはフィンへの挿入後、拡張されて機械的に接続されるため、パフォーマンスが低下します。

(2) コルゲートフィンタイプ

コルゲートフィンタイプは、フィンによって空気と接触する表面積が大きくなるため、優れた性能を発揮します。

コルゲートフィンタイプは、さらに以下のように分類されます。

サーペンタインタイプ(SP)

サーペンタインタイプのコンデンサーは、チューブの間にフィンを挿入し、蛇行形状に曲げられ、所定の位置にろう付けされます。

サーペンタインタイプのコンデンサーには、ジョイントに取り付けられたチューブの数に応じて2つまたは3つの流路を持つものがあり、管路抵抗が減少し、熱効率が向上します。

マルチフロータイプ(MF)

マルチフロータイプのコンデンサーは、層状にろう付けされたフィンとチューブで構成されています。

マルチフロータイプのコンデンサーでは、冷媒はタンク両端のチューブを同時に流れますこれによりチューブ内の抵抗が減少するためチューブが薄くなり、多くのフィンを取り付けることができます。

さらに、タンク内に仕切り板を挿入することにより、パスを最適化できます。

さまざまなマルチフロータイプ: (i)サブクールタイプ、(ii)グローバルインナーフィンコンデンサータイプ(GIC)

サブクールタイプ

気液分離器(モジュレーター)と統合されたマルチフロー(MF)タイプのコンデンサー。

従来のレシーバーサイクルでは、コンデンサーで凝縮された気体と液体の混合状態にある冷媒は、レシーバーによって分離され、液体冷媒のみがエバポレーターに送られます。

サブクールタイプのコンデンサーは、凝縮部と過冷却部に分かれています。これらの間に気液分離器(モジュレーター)を配置すると、分離された液体冷媒がさらに冷却され、液体冷媒自体が持つエネルギー(エンタルピー)が増加して、冷却性能が向上します。


COMPARISON

比較

コンデンサー OE標準 COOL GEAR標準
安全性と漏出 圧力 機密性 100 100
圧力抵抗 100 100
性能と寿命 冷却 熱遮断 100 ≧85
耐久性 圧力循環 100 20
耐食性 100 46